病院・診療所に対する指導・監査

病院を経営されている医師、
また病院の事務を担当されている方が気になる
指導や監査について調べてみました。
集団指導は、ただの講習会と一緒なので特に問題ないと思いますが、
集団的個別指導や個別指導は、何か問題ないかとドキドキしますよね。

 

何かのお役に立てますように…。

 

病院・診療所に対する指導・監査ってどんなこと?

保険医療機関等の指導・監査では、
「集団指導」、「集団的個別指導」、「個別指導」、
そして「監査」が行われます。

 

そして、これらの指導は、
診療の内容や診療報酬請求に関する指導について基本的な事項を定め、
保険診療の質の向上、保険診療の適正化を図ることを目的と、
監査は不正や著しい不当が疑われる場合に行われ
適切な処置を促すことを目的として行われます。

 

集団指導は、新規開設の医療機関に対して行われる「集団研修」のような位置づけのもので、
個別指導は、「研修」ではなく改善を求めた「指導」と言う位置づけのものとなります。
また、個別指導は、特に理由がないのに集団指導を受けないままにいると
行われることがありますので注意しましょう。

更新履歴